紫外線療法

紫外線療法とは

千里皮膚科|紫外線療法

様々な皮膚病に効果があります

紫外線療法とは紫外線の免疫抑制作用を利用して、過剰反応を起こしている皮膚の症状を沈静化させる治療法です。ステロイドなどの外用薬では改善しない程過剰な免疫反応を起こした尋常性乾癬や、アトピー性皮膚炎、円形脱毛症などを効果的に治療できます。また色素細胞(メラノサイト)を刺激し、色素の再生ももたらすため、白斑の治療にも有効です。当院ではターゲット型紫外線治療機、セラビームUV308miniを導入しております。セラビームは308nm付近のUVB波長を局所に照射して治療する方法で、照射面積は小さいですが限定的に強力な照射ができます。セラビームはリスクのある短波長をエキシマフィルターという光学フィルターでカットして安全性を重視しています。

適応疾患

  • 尋常性乾癬
  • 掌蹠膿疱症
  • 白斑
  • アトピー性皮膚炎
  • 円形脱毛症
  • 類乾癬
  • 菌状息肉症
  • 悪性リンパ腫
  • 慢性苔癬状粃糠疹

通院頻度・治療回数の目安

治療開始直後~症状が安定するまでは週1〜3回のペースで通われるのをお勧めしています。その後、症状の改善に合わせ、通院頻度を減らしていきます。症状が安定していれば、1ヵ月に1回程度で十分になります。効果には個人差がありますが、5〜10回目から効果が出始め20〜30回程度が目安です。

治療費(保険適用の場合)

1回 約1,000円

※ 上記は3割負担の場合
※ その他診察料や処方せん料などがかかります。

注意事項

  • 照射が強すぎると赤みや色素沈着を起こしてしまう場合がありますので、都度照射後の皮膚の状態を確認しながら照射量を調節して行います。
  • 子供や妊娠中の女性は受けられません。(※10歳以上の方で外用療法では治りにくい方はご相談下さい。)
  • ペースメーカーや体内植込み型医用電気機器を装着されている方、日光や紫外線に過敏症の方、皮膚悪性腫瘍の既往のある方、日光角化症、免疫抑制剤を使用されている方は残念ながら治療ができません。
Web予約 公式インスタグラム